グリップ交換の勧め

グリップ交換の勧め

グリップの重要性

グリップはボールを打つために人の手が握るところ

とても重要なパーツなのです。

そのパーツが自分の手に合わない素材や太さだったり、さらには何年も使用して古くなって硬くなったりすり減っていたりツルツル滑るようなグリップでスイングしてもスイング中に手の中で回ったりずれたりしてミスにつながったり滑らないようにと、強く握って力んだりしてミスはするは飛距離は出ないわで上手く打てるはずがありません。

どんなグリップが装着されているか確認してみよう

今使用しているクラブの状態はどうですか?

どれくらい使っていますか?

  • 「実はこのグリップあまり好きじゃないんだよなぁ」
  • 「このクラブを買って何年もグリップ替えてないな」
  • 「えっ!グリップって替えるものなの!?」

こんな方はグリップを変えただけでゴルフが上手くなってスコアアップなんてこともあります。

グリップを交換するには

交換するにはちょっと高くつきますが、ゴルフショップへ行けばいろんなグリップが売っているので好みのグリップを選んでお店に自分のクラブも持ち込んでお願いすれば交換してもらえますが、クラブを数日お店に預けなければいけませんし、何より工賃が掛かります。もともと店頭で売ってるグリップは価格も結構しますし手持ちのクラブ全部交換すると工賃も意外と高くつきます。

もう一つの方法は安く交換する方法です。ネット通販で安く買って自分で交換する方法です。ネットショッピングってなんであんなに安いんでしょうね!店頭価格の半分くらいの価格で売ってるものもありますし、自分で交換すれば工賃は無料です。ゴルフショップで交換することを考えれば半額ぐらいでグリップ交換が出来ちゃいます。

自分でグリップ交換をやってみよう

  • えっ!自分でやれるの?
  • 大変じゃないの?
  • 特別な工具が必要じゃないの?
  • 素人が出来るわけないだろ!

実はそんなに難しくないし特殊な工具なんて必要ありません

用意するものは新しいグリップ以外にカッターと両面テープと溶液が必要ですがグリップ交換用の3点セットが売っていますしネットショッピングでグリップを買うついでに買っておけばいいだけで価格も手頃で工賃に比べれば全然安く買えます。

問題は交換方法ですよね

意外と簡単なんです。

  1. まずは古いグリップをカッターで切り剥ぎ取る
  2. シャフトに残った古い両面テープを綺麗に剥がす
  3. シャフトに新しい両面テープを貼って剥離ライナーを剥がす
  4. 両面テープとグリップの内側に溶液をかける
  5. シャフトにグリップを挿入する
  6. グリップの位置や向きを調整する

これで出来上がりですが言葉だけでは説明不足なので動画でグリップ交換のやり方を紹介します

グリップの種類

グリップにもいろいろなものがあります。ネットショッピングで購入される方は事前にゴルフショップに行って店頭に並んでいるグリップを実際に触れて好みの物を選んでおくといいでしょう。

  1. 素材 ラバーを使ったタイプから新素材を採用したものまでいろいろな種類があり硬さも柔らかいものから硬いものまであるので好みで選びましょう
  2. 太さ メンズ用はM60、M58、M62が一般的なサイズですが、外径は全て同じに統一されています。コアサイズが小さくなる程肉厚になり握った際に太く感じます。
    グリップが太くなるほどコッキングしづらくなり、ヘッドが走りにくくなるが、方向性を安定させることが可能です。方向性を重視する場合は太めに、飛距離重視の場合は細めにするとよいでしょう。メンズ用のクラブに標準装着されているのはM60が多いです。レディー用はL58が一般的なようです。
  3. バックライン グリップの裏側を若干盛り上げることで、フェースの向きを確認しやすくさせているのがバックラインです
  4. 重さ 交換前のグリップと同じ重さのもの目安に操作性重視なら重め、飛距離重視なら軽めを選ぶといいでしょう
  5. カラー ここ数年、グリップはカラーで選ぶ楽しみが増えてきました。ウェアやキャディバッグとコーディネートさせたり、番手ごとに色を変えたりグリップのおしゃれを楽しみましょう。

グリップのまとめ

グリップは、ゴルファーがゴルフクラブと接する唯一の部分です。太さや硬さ、使われている素材、滑り止めのパターンによって握り心地が大きく変わり、同じクラブを使っていてもグリップが変われば振り心地まで変わってきます。

ゴルフのグリップは、車のタイヤと同じ消耗品です。
車は、タイヤは交換することで性能を維持したり、“用途”に合わせて性能を向上させます。
ゴルフのグリップも同じように、交換することで、クラブの性能を維持し、さらに向上させることが可能なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です