自宅で出来るロングパット練習法

自宅で出来るロングパット練習法

コースへ行くと3パットしてしまう。

パーオンしたがピンまでの距離があるとき、1パットで入ったらバーディーだ!

悪くても2パットでパーだなと、油断していると3パットでボギー・・・

なぜ3パットしまうのか?

1パット目でピンに寄らないどころか距離が全然合わず!

なぜロングパットでピンに寄らないか!?

ロングパットの練習量が圧倒的に少ないからである。

部屋でパッティング練習するにしても1m、2m、3m位までだと思います。

それ以上長い練習は部屋が狭い、長いパターマットが売ってない!

なので練習なんてコースに行ってラウンド前に練習グリーンでやるしかない!?

自宅でロングパットの練習が出来る方法があるのです!

用意するものは普通の2~3メートルのパターマットにあるものを利用するだけ!

それは飛距離測定に使うユピテルのスイングトレーナーを置くだけ!

【ユピテル スイングトレーナー】

Yupiteru(ユピテル)HP「https://www.yupiteru.co.jp/products/golf_trainer/」より

今回使用した機種は、このスイングトレーナー「GST-7 BLE」(約16,000円)

こんな感じでロングパットの練習してみました。

クラブ選択をパターにして下の図のようにスイングトレーナーを置いて打つだけです。

10m、15m、20mの練習をしてみました

1球目  10メートル狙い・・・9.9メートル いい感じ

2球目  15メートル狙い・・・15.4メートル まあまあ

3球目  20メートル狙い・・・24.1メートル  強すぎた!4mオーバー

ユピテルのスイングトレーナー

今までスイングトレーナーは練習場に行ってドライバーやアイアンでの使用だけだったが、パッティング練習にも使えることに気が付いたので、今後はロングパットの練習も取り入れて3パットしないように頑張ろうと思います。

ユピテル(YUPITERU) スイング練習機 Yupiteru GOLF GST-7 BLE ユニセックス 使用可能時間:満充電時約10時間 本体サイズ:124mm(D)×60mm(W)×18mm(H)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です