ゴルフルール「こんな時はどうする?」

2019年からのゴルフのルールについて

みなさん、新しいルールは覚えましたか?

私の通っているスクールの皆さんは理解している方が多いですが、まだまだ理解してない方が多く感じます。

そこでラウンドに行っても困らないように間違えやすいルールを紹介していきたいと思います。

1、ドロップは膝に高さから落とす

ドロップは新ルールになって膝の高さから落とすようになりました。

では、肩の高さから落としたら?

うっかりして旧ルールの肩の高さから落としてしまった!なんてこともあると思います。

でも大丈夫です。

ドロップ方法が間違っているので1打罰で再ドロップではありません。

正しい方法で再ドロップすれば罰なしです。

しかし、再ドロップせずそのまま打つと、救済エリア内の球であれば1打罰、救済エリア外の球の場合は2打罰となるのでご注意!

2、パットのラインに触れた

打ち出す方向を意識づけるために、ボールを通したい箇所にパターのヘッドをトントンと押し付けたところ、同伴者に「パットの線に触れてはダメ!はい2打罰ね!」って言われてしまった・・・。

っていうのは旧ルールの話です。

旧ルールではルースインペディメントを取り除いたり、ボールマークを修理する場合などを除いて、自分のパットの線に触れることは禁止されていた。

新ルールではプレーの線を含め、グリーン面のどこでも、手、足、または持っているもので触れることができる。

ただしグリーン面のテストやライの改善をすると2打罰。

ルースインペディメントを取り除いたり、ボールマークを修理することも可能なのでボールマークは見つけたら自分の付けたボールマークはもちろん他人が付けたボールマークも見つけたら修理しましょう。

3、バンカー内でソールしちゃった!

新ルールになってそーるしてOKになりましたっていうのは✖違います

ソールしてもOKになったのはペナルティーエリアです。

新ルールになってもバンカーではソールすると2打罰。

ただし、砂の状態をテストする意図がなければ、バンカー内にクラブを置いたり、クラブに寄りかかったりすることは認められます。

ソール」とは、クラブヘッドの底の部分のことです。また、ボールを打つためにソールを地面につけることを「ソールする」といいます。

3、打ったボールが地面にくい込んだ!

打ったボールが、ラフに飛んで行き落下した勢いでできた自らのピッチマークの中に埋まってしまった。

こんな時は無罰で救済できます。

旧ルールでは、自らのピッチマークによって地面にくい込んだ球を救済できるのは、フェアウェイなどの芝草が短く刈られた区域に限られていた。

しかし新ルールでは、ジェネラルエリア全域(例外あり)で救済が認められる。球が自らのピッチマークの中にあり、球の一部が地表面以下にあれば、地面にくい込んだとみなされる。

グリーンではマークして修正して通常通りプレーをしてください。

バンカーでも目玉になったからと言って無罰で救済は受けられません。

ディボット跡にボールが入っちゃっても救済は受けられません。

自分がつくったディボットの跡は直しましょう。

この自分でつくったディボットの跡を入念に直すことは、ゴルフ規則エチケットの「コースの保護」で記載されています。

4、旗竿を手で傾けながらパットした

新ルールになって旗竿(ピン)を刺したままグリーンからパットしてもOKになった。

ナイスショットでベタピン!タップインしようとしたが、ピンに当たって弾かれるのが嫌だったので、ピンを左手で押し、カップの入り口を広くして打つことにした。

ストロークを行う前に旗竿をホールに残しておくのかを決定しなければならないので、弾かれるのが嫌なら抜いておく。旗竿を残す場合、旗竿をホールの中心以外の位置に故意に動かして利益を得ようとしてはならない。その状態で球が旗竿に当たった場合、2打罰となる。

強風でピンが撓っているときは抜くことをお勧めします。

5、打った球がカートに当たった!

右斜め前方にカートが停まっていたが、気にせず打ったところ、まさかのシャンクが出てボールがカートに当たってしまった。

共用のカートは携帯品とみなされるから、当てたら1打罰は旧ルールの話

新ルールは無罰で、あるがままにプレーしなくてはならない。

ただし球の方向を変える目的で故意に置いた用具に球が当たった場合は2打罰になる。

6、自分の球に同伴者の球が当たりそうになり、サッとマーク

バンカーからナイスアウト後、バンカーを均し終わり自身のボールの元に向かうと、同伴者の打ったボールがカップをオーバーして自分のボールのほうへ。そこで慌ててボールをマークして拾い上げた。

旧ルールでは、球が動いているとき、その球の動きに影響を及ぼすかもしれない球を拾い上げると2打罰が科せられた。

新ルールでは、他の球が動いているときに、グリーン上の球をマークして拾い上げたり、取り除かれた旗竿・クラブなどを動かしても罰はない。ただし、グリーン上以外の球を動かした場合は2打罰。

7、ドロップした球が足に当たった!

新ルールにのっとって救済をうけるため、救済エリアを定め、ひざの高さからドロップしたところ、地面に落ちたボールが思わぬ方向へ跳ねて自分の足に当たってしまった。

旧ルールではドロップした球が人や用具に触れた場合、再ドロップが必要だった。

新ルールでは正しい方法でドロップした球が救済エリア内に止まった場合、球が人や用具に触れたかどうかに関係なく救済を完了したことになり、あるがままにプレーしなければならない。

ただし故意に触れた場合は2打罰で再ドロップとなる。

8、邪魔なOB杭をズボッと抜いた!

ティショットは林のほうへ。慌てて探しに行ったところ、なんとかOBは免れていたものの、OB杭に沿ってボールは止まっていた。

OB杭が邪魔なので抜いた! ん?抜いていいのか?

OB杭は「境界物」のため、罰なしの救済は認められない。したがって今回のように、OB杭を取り除くことによって「ストローク影響を及ぼす状態」を改善してしまうと2打罰になる。

ただし新ルールでは、次のストロークを行う前に、取り除いた境界物を元に戻せば、罰を免れることができる。

9、クラブレングスはドライバーで測らなければならない!?

これまではクラブレングスを測る際、その場にあるクラブを使うことが多かった。しかし、2019年から施行されたルールでは、「プレーヤーが持っている最も長いクラブ」で計測しなければならないというのだ。ほとんどのプレーヤーにとって、それはドライバーになるだろう。

ウェッジやパターしか持っていないグリーン周りでも救済の処置を受けるケースは多い。その時にわざわざドライバーを持ってこなければいけないとなると厄介だ。もしそうなら大変な改悪になる。

いちいちカートにドライバーを取りに行く必要はない

必ずしもドライバーで測る必要はないし、クラブを置いて厳密に測る必要もなければ、基点をマークする必要もない。要は正しい位置にドロップされたボールをプレーしていることが大事というのが、新ルールの考え方になる。

グリーン周りでウェッジしか持っていない場合、救済を受けるために1クラブレングスを計測するとする。ドライバーをわざわざ取りにいかなくても、ウェッジの長さ内にドロップすれば、必然的にドライバーの長さ以内になるはずだ。

しかし間違った解釈をしている同伴者からドライバーでやらないと!なんてケチを付けられるから、クラブで測らずに目視でワンクラブレングスの範囲の真ん中、誰が見てもはみ出していない箇所にさっさとドロップした方がいいでしょう。

新ルールを覚えましょう

他にも新ルールになって、こんな時はどうすればいいんだ?

と、コース上で悩んだり同伴者にこういう時はこうするって言われたが本当にこの人の言うことは正しいのかと思う前に同伴者の思い込みの間違ったルールに対して自信をもってこういう場合はこうだ!と言えるようになりましょう。

Amazon

JGA 2019年ゴルフ規則プレーヤーズ版

新品価格
¥648から
(2019/6/19 23:23時点)


楽天市場

ライト LITE G517-019 JGAゴルフ規則書 2019年1月施行版 プレーヤーズ版

価格:648円
(2019/6/19 23:25時点)
感想(1件)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です